イチゴ

クリスマスケーキには欠かせないイチゴの実は食べごろは春なんです。イチゴ狩りを行った方ならお分かりでしょうが、春になるとイチゴ狩りのプランがとても多く見かけると思います。イチゴが嫌いな人っているのかな?イチゴケーキやいちご大福、フルーツの中でも抜群の存在感だと思います。イチゴ狩りなんてのもいいですね。 イチゴは甘酸っぱくて老若男女問わず好きな果物ではないでしょうか。また、プランターで家庭菜園でも手軽に栽培できるので、育てている家庭は多いのではないかと思います。また、幼稚園や保育園での教育課程の一環として育てているところも多いと聞きます。小さな幼児が、「白い花が咲いた~」「実が大きくなってきたよ~」「赤くなった!」と歓喜している姿はかわいいものです。イチゴは野菜か果物かで悩むところですが、実は両方当たっています。なぜかというと園芸学上は野菜の分類であり、消費者の立場の流通上は果物として扱ってるからです。園芸学上では、草本性を野菜と分類してるためですが、消費者の立場の流通上は一般的におかずなどにできる食べ物を野菜、甘いものやデザートになるものは果物という認識がされているためです。いちごの品種改良は今はとても盛んです。その火付け役があまおうだと言われています。現在徳島県のわずか30数件あまりの農家で栽培されるという「ももいちご」という品種は期間限定の品種だったりします。3月以降になると別名で流通するためです。イチゴはその果物、(共通)イチゴのために世界的に養った種類の共通の植物です。果物は、主としてその特有の芳香、その明るい赤い色のために、広く評価されます。また、それも多量に消費されます、新鮮、あるいは保護地域、フルーツジュース、パイ、アイスクリームおよびミルク・セーキのような調理済みの食糧の中で。人工イチゴ芳香も、産業化された食品のすべての種類の中で広く使用されます。

庭イチゴは、最初に東北アメリカ(それは風味で有名だった)からの、およびアメデー=フランソワ(それは大きなサイズで有名だった)によってもたらされたチリとアルゼンチンからのクロスによる1740年にブリタニー(フランス)で生じました。

の栽培品種は、営業生産で、森林地のイチゴを交換しました。それは17世紀前半に耕作された最初のイチゴ類でした。

イチゴは、プラントの卵巣(痩果)ではなく卵巣を保持する容器に肉の部分が由来することを意味して、専門用語の中に偽果です。偽果は、時々「誤りの」、「偽造の」果物と呼ばれた過去にありました。しかし、それらの用語は「不適当である」として非難されており、今日、植物学者によって使用されません。

イチゴに関する事柄

北半球の温帯地方に同様に固有であるが、南半球において広く養われたイチゴ(種類(家族)の8つの主な種の果物プラント)栽培種は、主として2つの種(それは南北アメリカに固有である)に由来します。イチゴは、根出葉が発生するひげ根状根系および王冠を備えた低く成長している草木の植物です。葉はぎざぎざになった刃・毛状である3つのちらしと共に合成です。花、一般に白い、めったに赤みがかっていない、葉の葉腋から表面の匍匐茎のように発生している細い軸の上の小さなクラスタの中で生まれます。プラントが老化するとともに、根システムは木質になります。また、「母親」王冠は、土地と根に触れるランナーを派遣します、それにより、プラントを拡大させます。

植物学の感覚のイチゴ果物はベリーでなく、はるかに単一の果物を越えるものです;それはどれが部分的にあるかに非常に拡大した柄の端(すなわち容器)です、一般に種子と呼ばれる多くの真果(すなわち痩果)を埋め込みます。ビタミンCにおいて豊富なので、イチゴはさらに鉄および他の鉱物を提供します。それはデザート果物のように新鮮に食べられ、ペストリーかパイ充填物として使用し、多くの方法で保存されるかもしれません。新鮮なイチゴ、スポンジケーキおよびホイップクリームで作られていたイチゴ・ショートケーキは、伝統的なアメリカのデザートです。アメリカ人でイチゴが嫌いな人はいないっていいますね。ストロベリー何々と言う曲もたくさんありますから。

栽培された、大きな果物入りのイチゴは、18世紀にヨーロッパで始まりました。ほとんどの国々は19世紀の間に自分の種類を開発しました。また、これらは、気候、日長さ、高度あるいは特別の地域で要求される生産様式に多くの場合特に適しています。

イチゴは驚くほど広範囲の土および状況の上で成功し、他の園芸の作物と比較して、低い肥料要求をしています。しかしながら、それは干ばつに弱く、湿気を保持する土あるいは溝またはスプリンクラーによる潅漑を必要とします。作物が翌年必要な場合、ランナー・プラントは初期の秋に植えられます。もし冬または春に設けられれば、プラントは弱まりを回避するためにされます、最初の年を収穫します。プラントは、1~4年間通常保持されます。ランナーは一定間隔で配置されたプラントから追い出されるかもしれません。あるいは、ある数は、オリジナルの親工場の側のマットを敷いた列を形成することを許されるかもしれません。1エーカー当たりの一定間隔で配置されたプラントは、7,000~17,000を変えます。厳しい冬のエリアでは、プラントは春に消され、ストローまたは根覆いで列を覆うことにより冬に続く間に保護されます。

イチゴは、凍ったベリー、缶詰めのベリー、あるいは保存されていたベリー、あるいはジュースとして即時の消費、および処理のために営利上生産されます。すべての国々で、ベリーの腐敗しやすい性質および機械的な摘み取りのありそうにないことのために、イチゴは、消費または処理の中心の近くで一般に育てられます。また、十分な労働はどこで利用可能か。ベリーは、小さなかごへ直接取られ、売買のためされるか、処理用トレーに入れられます。初期の作物はグラスまたはプラスチック被覆の下で生産することができます。イチゴは非常に腐敗しやすく、涼しく乾燥した記憶装置を要求します。それらはほとんどのアメリカおよびカナダの至る所で成長します;フランス、イタリア、英国、ブルガリアおよびポーランドを含むヨーロッパ諸国で;アフリカ南部と東で;ニュージーランドとオーストラリアで;そしてさらに日本で。

基本的にイチゴは日持ちしませんが、乾燥を防ぐためラップに包むかまたはポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室への保存がおすすめです。パックの中に傷んだものがあれば出しておきます。水洗いをすると果皮が弱るので、食べる直前に洗いましょう。その際、へたを取って水洗いするとビタミンCが流れてしまうのでへた付きで洗うとよい。イチゴはへたとは反対側の先端のほうが糖度が高いので、へたを取ってへた側から食べると最後まで甘味を感じながら食べることができます。

京都 ケータリング 金沢区 小児歯科 651 6/4

イチゴ | 耕作 | 施肥と収穫 | 用途 | 栄養 | サイトマップ

Copyright © 2010. All rights reserved. イチゴ.